郡山の " 海苔のりべん "

2019.12.22 Sunday

0

     

    いよいよと暮れも押し詰まってまいりましたね〜。

     

    地元のOKストアーでは早くも正月用の数の子や酢だこ、ズワイガニが並び始め、クリスマス用の子どもシャンパンやチキンと熾烈なシェア争いが続いてます。

     

    ところで、先週末に用事があって福島の郡山まで出かけてきました。

     

    やまびこ(つばさ)123号に乗る予定で家を出たのですが、東京駅に着き掲示板を確認したら直近の新幹線は 127号の表示です。

     

    あれ!? 123号はどうしたの??

     

    その前の125号もないゃないですか!!!!!

     

    チケットを確認したら、なんと123号の発車時刻は7:08発なのに時刻は8:00です。

     

    完全に1時間間違えてました〜〜。

     

    そんなドタバタだったので、郡山に到着するやいなや階段を転がるように駆け下りタクシーに飛び乗り現地へ。

     

    ゆっくり写真を撮るひまもなかったので、帰りに駅弁の写真だけ撮ってきました。

     

     

     

    なんでも、この " 海苔のりべん " が大人気なんだそうです。

     

    豪華に進化し続ける駅弁業界の中で一途に弁当の基本「のり弁」で勝負をかける福豆屋さん。

     

    「日本一旨いのり弁」と称賛するファンも多く、TVでも紹介されたそうです。

     

     

    ちょっと気になる駅弁です。

     

     

    でも、みんなで持ち寄っていただいたお昼ご飯もおいしかったです。

     

    「うちの米ですが・・・」といって、わざわざ作ってきてくれたおこわや栗ごはんのおにぎり。

     

    そして、塩漬けにしていたフキを2、3日塩抜きして手間ひまかけ作ってきてくれた煮物。

     

    わいわいがやがや。

     

    わずか6時間ほどの滞在でしたが、東北の人情と味に心温まる一日でした。

     

    次回の訪問は5月。

     

    田植えが終わって東北にも遅い初夏が訪れるころ。

     

    再会を約束して帰ってきました。