正月は富士山とほうとう

2020.01.18 Saturday

0

    早いもので1月も折り返しまもなく二十四節気の「大寒」。

     

    一年で最も寒い時期なので、寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期ですが今年は暖冬。

     

    ほんと暖かいんです。

     

    もう梅が咲くんじゃないかと思うほど。

     

    過ごすにはいいですが、寒い時期に寒くないと何か物足りないですね。

     

     

    ところで、お正月はとてもいいお天気に恵まれ、富士山までドライブしてきました。

     

    ここからは1時間ほど行けるのでとても近いんですよ。

     

     

    府中スマートICから中央道へ入って、1時間ほど走ると雄大な富士山が見えてきます。

     

    01.jpg

     

    富士吉田からはこんな感じで迫力があります。

     

    夏は気軽に登れる富士山も冬はエキスパートだけの世界。

     

    11月頃から雪が降ってはとけそして凍ってを繰り返し、強い北風にブラッシュされた氷の斜面は「蒼氷」と呼ばれアイゼンの刃も立たないほど。

     

    轟々と音を立て吹き荒れる突風に飛ばされそうになりながらの登攀は常に死と隣り合わせです。

     

    若いころはそんな過酷な環境に身を置く自分に陶酔したものですが、今は下界の温い暮らと美酒に陶酔してます!?

     

     

    そんな若いころの思い出とともに富士山を眺めながらランチは山梨名物のほうとう。

     

    この独特の建物は「ほうとう不動」の東恋路店です。

     

    03.jpg

     

    メニューはほうとう1種類ともつ煮に馬刺し、黒糖で炊きいなりのみ。

     

    回転が早いので、長い行列でも思ったほど待ち時間は少ないです。

     

    不動のHPにはこんな文章で紹介されてます。

     

     " コシのある麺を味噌仕立ての汁で煮込み、南瓜、山菜など富士山麓の味覚をたっぷりと加えました。

    素朴な味わいの中に、素材の旨味・コクが溶け込んだ自慢のほうとう。

     

    写真を忘れてしまいましたので、こちらからご覧ください→画像

     

     

    正月は「富士山とほうとう」。

     

    これから恒例行事になりそうです。

     

    04.jpg