昭和の熱海温泉日帰り旅行 - その1

2018.05.22 Tuesday

0

    みなさまこんにちは。

     

    久しぶりに登場の " たみちゃんレポート(姉)国内編 " です。

     

    前回登場したのはいつだったかしら??

     

    そうそう、夏休みの箱根だったからもうずいぶん大昔ね。

     

    今回は日帰りで熱海旅行。

     

    もっと箱根の先へ行きたかったけど、箱根から南下しただけ。

     

    なかなか箱根は越えられないものね。

     

    でも、GWにどこにも行けなかったので、もう遠足の前の日のように楽しみで楽しみで眠れなかったわ。

     

    東京から気軽に行ける温泉地として有名な熱海だけど、今回は「昭和」をテーマにいろいろ回ってみたので、まあ暇つぶしに読んでね。

     

     

    小田急線で最寄り駅から小田原までは約1時間ちょっとだけど、今回はちょっぴり贅沢して特急ロマンスカーで。

     

     

    ふあ〜

     

    早くも心のリミッター外して解放感全開。

     

    旅っていいわね〜♪

     

     

    小田原から熱海はJRで約25分。

     

    小田原を出るとまもなく海が見えてくるのよ。

     

     

    熱海に到着!!

     

    まずは駅前の足湯でウォーミングアップ!!

     

     

    本日のコースをチェックする(ざ)さん。

     

     

    そして、まずは駅前から続く仲見世を。

     

    さっそく、たみさ〜んチェック!!!

     

    イカの徳利を見つけてお姉さま大喜び。

     

     

     

     

    今回は「昭和」がテーマだけど、もう十分昭和を感じるわね。

     

     

    そして急坂を下りていくと、まもなく真っ青な海が見えて来るの。

     

    ここだけ見ているとまるでハワイね。

     

     

    ほら、ここなんかまるでダイヤモンドヘッドへと続く道よ。

     

    ちょっと無理があるかしら!?

     

    っていうか、熱海市としては『東洋のモナコ』をイメージした景観整備を進めているので、はやりモナコのイメージね。

     

    行ったことないけど・・・。

     

    そしてお姉さまは「気品に満ちた容姿」と賛美されたモナコ公国のグレース・ケリー妃といったとこかしら!?

     

    ちょっと、いえかなり無理があるかしら!?

     

     

    雲ひとつない青空に海。

     

    もうそれだけでシアワセ。

     

     

    さあ、次は熱海随一のパワースポットへ。

     

    私のイチオシ!よ。

     

     

    急な坂道を再び登って来宮駅脇のノンネルをくぐると・・・。

     

    ほら見えてきた!

     

     

    縁結びの神様として有名な来宮神社。

     

    神社自体はさほど大きくないんだけど、参拝者が多く来宮神社を訪れる7割の人は、なんと20代〜40代の女性だとか。

     

     

    ここのご神木はなんと樹齢2000年以上といわれ、日本では2番めの大きさ、本州ではNo.1だとか。

     

     

    そして、今回のメインイベント。

     

    ということで、ただ今恋人募集中。

     

    ヨロシクね

     

     

    ということで本日はここまで。

     

    今回は昭和の日本を飛び出してハワイからモナコ、そして太古の日本へ帰国という感じだったけど、次回その2は昭和の大スターに愛された中華そばと、まるで昭和のまま時間が止まったような風情ある日帰り温泉を紹介するわね。

     

    楽しみにしててね。

     

    しれじゃ、バイビー!!