白い花が咲く頃

2018.04.17 Tuesday

0

    今年もまた白い花が咲きました。

     

    多摩川の近くを走るローカル線沿いに点在する梨畑。

     

    かつては梨畑が多摩丘陵の麓まで続いていたものですが、現在は住宅が増えわずかに点在するだけとなってしまいました。

     

    古くは「多摩川水密桃」というブランドの桃も栽培され、戦後間もない頃は、多摩川とセットで桃狩りや梨狩りができる東京近郊の数少ない行楽地だったそうです。

     

     

    父の実家が梨農家だったせいか、毎年梨が白い花を咲かせると過剰反応してしまいます。

     

    そして、私の心の中の原風景にはいつも白い花とローカル線、その先に残雪を抱いた青い山があって、意味もなくキュンと郷愁に駆られてしまいます。

     

    これは東北生まれの母から受け継いだDNAに刻まれた遠い記憶のようです。

     

    白い花が咲くとケラが鳴き始め、まもなくゴールデンウィーク。

     

    また今年も快適な季節がやってきました。

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする