スウェーデン北部の田舎町

2018.07.23 Monday

0

    みなさーん、こんにつあー!!

    久しぶりに登場の " たみちゃんレポート(妹)フィンランド編 "よ。

    みなさんに前回お会いしたのはいつだったかしら!?


    たしか・・・

     

    そうそう、デンマークのルイジアナ美術館行ったときの話しだったわね。

     

    あれからぐんぐん日が伸びて夏至がきて、いまも快適な季節よ。

     

     

    ところで、先日ちょっとスウェーデンまで用事があって出かけてきたの。

     

    スウェーデン北部の小さな町ハパランダ(Haparanda)というところよ。

     

    目の前を流れるトルネ川の向こう側はフィンランドだから、日本でいえば・・・ん〜ん、そうね東京から多摩川を渡って神奈川県の川崎市へ来たっていう感じ!?

     

    また、江戸川を渡って松戸市、市川市!?

     

    それとも、荒川を渡って川口市!?っていう感じかしらね。

     

    あっまし外国感はなけど、国旗を見るとスウェーデンへ来たのねと実感。

     

     

     

    サケやニシンの近海漁業が盛んなようで、こんなオブジェがあるのよ。

     

     

    昔の様子が写真とテキストで紹介されてるんだけど、現在の景色とあんまり変わらないわね。

     

     

     

    対岸はフィンランドよ。

     

     

    ここはだいぶ涼しいけど、先日ヘルシンキでは32度も記録したのよ。

     

    ノルウェーの北極圏ではなんと史上最高の33.5度を記録。

     

    湿度が低いから日本のように蒸し暑くないのが救いだけど、もう北半球全体が異常気象ね。

     

    でも、暑さに負けず買い付けがんばるわね。

     

    みなさまも暑さに負けずにがんばってね。

     

     

    次回みなさまにお会いできるのは、ヘルシンキの街路樹が色づくころかしら!?


    それではみなさま、よい夏休みを!!


    バイビーベイビーサヨウナラ!!!

     

     

    コメント
    コメントする