小田原で生まれた万能薬、ういろう

2019.09.05 Thursday

0

    こんにちは!てんちょうのたみ子です(^^)/

     

    私は偏頭痛持ちで、薬を処方してもらう為に脳神経外科に通院していますが、

     

    院長先生のお話によると、今年は頭痛を訴える人が多いそうです。

     

    台風や不安定なお天気も原因の1つのようで、私も今年は薬が手放せませんでした。

     

    そんな時、お義母さんより小田原にある万能薬「ういろう」(漢方薬)がとてもいいという話を聞き、

     

    すぐにネットで調べ、小田急線で小田原まで買いに行ってきました。

     

    急行でも1時間20分ほどですが、特急電車を利用しちょっと贅沢してしまいました。

     

     

    小田原駅のシンボル「小田原提灯」です。

     

     

     

    小田原駅より小田原城の横を通り徒歩15分。

     

    お堀を通って・・・。

     

     

    そして辿り着いたのが小田原城!?・・・ではなく

     

    ここが小田原「ういろう」のお店です。

     

     

    「ういろう」(透頂香)はありとあらゆる症状に効果のある万能薬として有名。

     

    小田原のういろうの歴史は日本では室町時代、中国の元王朝までさかのぼります。

     

    やはり歴史が古いだけあり、建物も立派ですね。

     

    建物に一歩足を踏み入れると正面にはお菓子の”ういろう”が売られており、

     

    左側のスペースに薬剤師の方がいて、対面販売しています。

     

    「ういろう」は胃痛や下痢、食中毒等の消化器系の不良から乗り物酔い、など様々に幅広く効能があります。

     

    またここではこれ以外に「妙香散」という漢方薬があり、頭痛やめまいなどにとてもよく効くとのことだったので

     

    私はこちらを購入。

     

    ういろう.jpg

     

    苦いけど、頑張って体質改善に努めます。

     

    そして帰りは、、、熱海温泉まで現実逃避!?

     

    それとも箱根登山鉄道に乗って箱根!?

     

    手を伸ばせば届きそうな所まで来ながら残念・・・。

     

    後ろ髪引かれる思いでまっすぐ帰宅してお仕事再開しました(苦笑)

     

    コメント
    コメントする