秋の夕暮

2019.09.17 Tuesday

0

    ヤマトさんの集荷が終わり、日課の運動へ出かける17時半。

     

    夏はあれほど明るかったのにもうだいぶ暗くなってきました。

     

    通りの灯りが1つ2つと燈り、草むらからはコオロギの音。

     

    秋の夕暮。

     

    もの悲しさが心を過り、同時に、何か懐深く抱かれるような安堵も覚えます。

     

    ふだんはせわしなくひたすら前だけを見つめているのに、ふと、遠い昔を振り返ったり・・・。

     

    懐かしい曲を思い出したり。

     

    それが秋なのかな?

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする