朝顔

2019.09.18 Wednesday

0

    今日は午後から雨が降るというので、早朝のウォーキングです。

     

    まどろみを引きずりながら歩いていくと、朝の冷気に「秋」を感じたり、小鳥の囀りを聴いたり、夕暮時とはまた違った楽しみがあるものです。

     

    夏のあいだ楽しませてくれた朝顔は種を結び、これが最後の大輪のようです。

     

     

    「朝顔」といえば、月9ドラマの「監察医朝顔」。

     

    上野樹里と時任三郎が好演でした。

     

    ドラマ全体に流れる「儚(はかな)さ」。

     

    東日本大震災で被災し行方不明となっている妻(石田ひかり)の遺品がみつかり、その帰途、時任三郎が車の中でひとり泣き崩れるシーン。

     

    そこに折坂悠太の歌が流れて。

     

     " ねえ どこにいたの 窓辺には空白んで・・・" 

     

    もう涙のダムが決壊してしまいました。

     

    こちらもまもなく終わりですね。

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする