夏の名残

2019.09.20 Friday

0

    三連休前の金曜日。

     

    真っ青な空、夏の名残に誘われツクツクボウシが鳴いています。

     

    目を閉じると夏ですが、丘を渡る風は涼しくすっかり秋の陽気です。

     

    ベランダにはフィンランドから届いたばかりのマリメッコの布を日陰干し。

     

    風に揺れています。

     

    石本藤雄が1986年にデザインした " VARE " で、「波紋」という意味のようです。

     

     

     

     

     

    極薄の布でコットン50%、PES50%の珍しい素材。

     

    PESって初めて耳にする名前なので調べたら

     

    透明樹脂素材中最高域の耐熱性を持ち、 高温域での実用特性、力学特性に優れ、100〜150℃以上の温度での弾性率、180℃までのクリープ特性は、熱可塑性材料の中でも高いレベルにある材料。

     

    とのことで、どうも工業用素材のようです。

     

    プロダクト用につくられたようですが用途は不明。

     

    見た目にはスカーフかな?と思います。

     

    この珍しい布は10月販売の予定です。

     

    コメント
    コメントする