哀愁の街、神保町

2019.12.14 Saturday

0

    昨日は用事があって都内まででかけ、帰りに神保町へ寄ってきました。

     

    ここは若いころ大変お世話になった街なんです。

     

    町の洋食屋のさんにカレー屋さん、元祖半チャンラーメン屋さんにわらじのような大きなとんかつ専門店。

     

    B級グルメの聖地です。

     

    サラリーマンをしていた1980年代は忙しい中にも自由がきいたので、昼めしの後は登山用品専門店や本屋をまわったりのんびりと・・・。

     

    今振り返るといい時代でした。

     

    日本中がバブル景気に沸騰するなかで、華々しい世の中に背を向けるように週末は山へ通い、平日は薄暗い中に雑然と商品が置かれた登山用品店やB級グルメ通い。

     

    当時、山登りはブームではなく暗いイメージだったので、なんだか私ひとりだけ浮いてました。

     

    そんな私が自分の居場所を見つけたのが神保町でした。

     

    だから私にとって神保町は懐かしくも哀愁の街なんです。

     

    そんな思い出の詰まった神保町。

     

    久しぶりに昔通った " さかいやスポーツ " へ行ってみようと探したんですが・・・あれ!?

     

    本店がない!!?

     

    きれいなビルに移転してました。

     

    それどころか、レディース専門店やカテゴリー別になってお店が増えてるじゃないですか。

     

    もうびっくり!!

     

    ブームの後押しもあって大繁盛のご様子です。

     

     

    80年代はもう遠い昔のようです。

     

    でも、昔ながらの古本屋さんがあったり中古レコード屋さんがあったり、ほっとします。

     

     

     

     

    新しく焼きそば専門店も参入し、B級グルメの聖地は今も進化し続けているようです。

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする