【傑作選】青空の下、丘一面に咲くポピー(2017年5月)

2020.05.11 Monday

0

    「こんどの週末、昭和公園に行こうよ!」

     

    私がこんつめて仕事をしていると、ころあいを見計らって店長がいつもそんな提案をしてくれます。

     

    自宅兼事務所というのは通勤がなくていいところもありますが、公私の区別がないので、気がつくと朝から深更までずっとお仕事。

     

    もちろん好きで始めた仕事ですが、閉じこもりの座りっぱなしは体にも精神的にもよくないです。

     

    ウォーキングやジョギングで健康管理には努めているつもりですが、時には思い切り外で気分転換。

     

    そんなことも必要なようです。

     

    ということで、先週末は東京都立川市にある国営昭和記念公園まで行ってきました。

     

    自宅から立川までのアクセスはJR南部線が最速ですが、お気に入りは小田急線多摩センターから多摩モノレールで行くルート。

     

    多摩の丘陵地を縫うように北上し、浅川から多摩川にかけては遠く丹沢や奥多摩、秩父の山並みを望む絶景コースです。

     

     

    最寄り駅から小田急線の下り電車に乗って3つ目の新百合ヶ丘で多摩線に乗り換えます。

     

    通学時間帯は学生さんで賑わう車内もお昼を過ぎるとガラガラ。

     

    気分はローカル線の旅です。

     

    02.jpg

     

    そして多摩センターから多摩モノレールに乗り換えです。

     

    10分間隔で運行しているモノレールを1本見送って、次のモノレールを先頭待ちして運転席右側の席をゲット。

     

    高い所を走るモノレールからの眺望はもうそれだけでエンターテイメントです。

     

     

    03.jpg

     

    04.jpg

     

    大学や動物園のある丘を下って行くとやがて浅川、そして多摩川へ。

     

    この辺りからみる冬の富士山は絶景です。

     

    多摩川の河岸段丘を上っていくとやがて立川市街です。

     

    05.jpg

     

    昭和公園には立川北が最寄り駅となりますが、今回は北側からせめてみようかと、さらにその先を行きます。

     

    まもなくして見えてくるのがIKEA。

     

    その先にはららぽーともあります。

     

    06.jpg

     

    立飛駅で下車し、公園の北側砂川口へと向かいます。

     

    かつて飛行場だった時代の面影を残す立川駐屯地。

     

    昭和記念公園の隣地なのにまったく別風景です。

     

    07.jpg

     

     

    08.jpg

     

    途中でファーマーズマーケットを発見し、中をのぞくと・・・ありましたありました「東京うど」。

     

    うどは群馬、栃木、秋田に次いで生産量全国第4位とか。

     

    中でも立川市は生産量都内1位なんだそうです。

     

    地下3mほどの「うど室」という地下空間でつくられるそうです。

     

    09.jpg

     

    そして、目的地の昭和記念公園に到着。

     

    青空の下、丘一面に咲く赤やピンクのシャーレーポピーです。

     

    さすがに圧巻。

     

    大空の下、太陽を浴び一日中歩き回ったらさすがにその晩は爆睡でした。

     

    たまにはこうした気分転換も必要ですね。

     

    10.jpg

    コメント
    コメントする