北欧買い付け第14日目 デンマークでおにぎり唐揚げ、味噌汁

2012.03.01 Thursday

0

     

    みなさまこんばんは、ざつようがかりです。


    デンマークから最後の荷物を送ったのが2月22日(水)。


    Oleの車で、Skibbyという町のスーパーに併設されているポストへ運んで送ったのですが、そこの受付の女の子が中島朋子さんに激似。


    北欧デンマークの田舎町にいながら、何だか北海道の富良野にいるような、そんな錯覚を覚えてしまいました。


    そういえば、なだらかな丘が続く景色も似ているでしょうか?


    「るーるるるるる」

    そこから送った荷物が昨日到着。


    今日、すべての荷物を開けて、これから多忙になってまいります。



    さて、更新が途中となっております「北欧買付Feb,2012レポート」。


    本日は、買い付け第14日目、2月22日(水)の分です。


    続けてまいりましょう。



    2月22日(水)の朝は、ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)のヒットナンバー、「BORN IN THE U.S.A.」で明けます。

    Click here ↓ ↓

     

    Hanneが、「私、ブルース・スプリングスティーン大好きなの!!!」と叫んで、突然踊り出します。


    ここは、果たして私たちが思い描く「北欧」なのでしょうか?


    ちょっと、アメリカの田舎町に迷い込んでしまったような朝です。

    本日のランチ当番は私たち。


    OleとHanneに何か作ってあげようと、日本にいた時からから考えていたメニュがこれ。

    おにぎり(ツナマヨ)
    唐揚げ(アーモンド、にんにく)
    味噌汁(バター大さじ1入り)

    デンマークの人が食べやすいよう、味付けも考えました。


    でも、割り箸だけはトライしてもらいました。

     





    そして午後は、次女Krisserのお宅へ。


    Oleの家から車で約10分弱の距離です。

     


     

    エミリーがお母さんと作ってくれたケーキでコーヒータイム♥です。

     

     



    日本では考えられない、大きな平屋に住んでいます。

    ここでは、安心して子供を預けられるので、Krisserはご主人のReneと共働き。


    待機児童問題などは無い、高福祉国家です。


    彼女はCopenhagenまで、車と電車を使って通勤。


    自宅からFrederikssundという駅まで車で行って、そこから始発の電車でCopenまで。


    約1時間30分の道のりですが、電車が混むわけでもないので、ゆったり読書でもしながらの通勤でしょうか?

    4時頃、ご主人のReneが帰ってきました。

     


    コペンの街を歩いていても、4時頃になると自転車で帰宅する人を多く見かけます。


    日本の常識では考えれない、豊かな暮らしがここにはあるようです。

    家族のために、体を壊してまで遅くまで働き、働けば働くほど、家族の溝が広がるばかり。


    気がつけば、家庭にも、会社にも居所がなくなって・・。


    ニッポンのおとうさんたちは辛いです。



    そして、デンマーク最後の夜です。


    景気づけに、Oleがウオッカで作ってくれた特性カクテルで1杯。

     


    盛り上がります!!

     


    おっ!! 今夜は・・・お肉です。

     


    私はじゃがいも担当。


    スツールに腰掛け、ひたすらじゃがいもの皮を剥きます。

     

     


    シャンピニオン・ソースがかかったじゃがいもが、また・・おいしぃ・・。

     

     


     

    終生忘れられない夜となりました。

    Thank you for everything!!