仕事納め

2009.12.30 Wednesday

0
    昨日12/29は、私ざつようがかりの会社の仕事納め。
    年内の仕事が一つ片付きました。
    大不況の中、会社の組織も大きく激変した一年でした。
    さて来年はどんな年になっていくのでしょうか?
    全く予測ができませんが、環境の変化に柔軟に対応できる能力が求められるのは確かなようです。

    この大不況の中、6月にスタートした当ショプ。
    最初の1ヶ月は砂漠の中に開店したお店状態でしたが、7月頃から徐々にご来店。
    多くのお客様にお買い上げいただきました。
    皆様に支えられて、まずまずのスタートができましたこと、店長ともども心より深謝申し上げます。
    来年も引き続き買い付けに行く予定でおりますので、今後とも末永くお付き合いいただけたらと思います。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
    (未出品商品が若干ございます。順次アップさせていただきますので、時々閲覧してくださいね)

    新年は1月5日(火)からの営業となります。
    休業中でも、お買い物とクレジットカード決済は可能でございます。
    ご注文いただいた分につきましては、1月5日(火)より順次お振込みのご案内、発送をさせていただきます。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    今年も残すところわずかとなりましたが、皆様よい年をお迎えください。
    お飾り


    冬富士

    2009.12.23 Wednesday

    0
      先日、片山右京のパーティーが冬富士で遭難し、2人亡くなられたそうで、心よりお悔やみ申し上げます。

      大人2人が眠るテントを吹き飛ばす冬富士。
      私も20代の頃、社会人山岳会に所属し、冬富士を経験しましたが、たしかに想像を絶する風が吹きます。

      富士スバルラインが冬季閉鎖されると、五合目までのアクセスは滝沢林道が役割を担います。
      しかし、それも12月の第一週まで。
      以降、下から長い道のりを歩かねばなりません。
      時間に制約のある社会人が、夜行日帰りで冬富士へ登るには、どうしても五合目で前泊したいところ。
      そういう理由から、12月の第一週末は最後のチャンスになるわけで、海外遠征を控えて、全国からあやしい輩が結集します。
      なんといっとても日本の最高峰。
      風速40m。
      マイナス30度。
      魅力にあふれてます。

      佐藤小屋直下まで行き、車中で一泊し、翌日の登山に備えます。
      ところが、一晩じゅう空は重く不気味な咆哮を放ち荒れ狂い、2tもある車を揺さぶり続けます。
      仮眠もそこそこに、まだ暗い中を出発。
      風は嘘のように止み、静寂な中、我々がアイゼン(登山靴の裏に装着する歯がついた滑り止め)を刻む音だけが響きます。
      食事をゆっくりとっていると体温が低下するので、歩きながらポケットに入れたチョコレートやソーセージなど、カロリーが高いものを各自とります。
      眼下の河口湖に陽が射し込む頃になると、山は再び目覚め、人を寄せ付けまいとするかのように、強風は我々を富士から剥がそうとします。
      遠くでゴォーっと唸っていた風が近づいてくると身を低くし、耐風姿勢をとり、浮き上がりそうになりながらもこらえます。
      やがて、無秩序に吹き荒れる風にも一定のリズムがあることに気づき、体がそれを覚えてくると、間隙を突いては登り、また耐風姿勢をとり・・。
      そうやって高度を稼ぎます。
      判断を誤ると、アイスバーンと化した斜面ですから、滑落したらまず止まれないと言われてます。
      冬の富士は遠くから見ると風情がありますが、本当のところは、氷と強風の過酷な世界です。

      今年の北欧買い付けは、私には冬富士のように過酷でした。
      東京3月と同じ気温の小雨の降る中、マグライナーを牽いてストックホルム市中を縦横に・・。
      休憩なし。
      さらに、大事な北欧食器の入った箱3つ積んだマグライナーで、命がけの階段の昇降。
      痩せて帰国しましたからね・・。

      来週は大掃除。
      窓を全部外して水洗いするそうです。
      最近、寒いのが苦手です。
      暖かくなったらしようかって、一応提案してみましたが、もちろん一蹴されました悲しい

      西三田団地に冬がくる

      2009.12.20 Sunday

      0
        すっかりご無沙汰しております。
        ざつようがかりです。
        今朝は寒かったですね。
        生田駅前の柿林の落ち葉に霜が降りて、霜柱も立ってました。
        西三田団地にも本格的な冬がやってきたという感じです。

        多摩丘陵に建つ西三田団地。
        夏は風が渡って快適ですが、冬はね・・・。
        向かいの山にある寺尾台にお住まいの方が言ってましたが、あちらは、多摩川を渡って吹いてくる北風がまともにあたるみたいです。
        地元の古い方は「菅(すげ)のからっ風」と呼ぶそうです。
        ある意味地元の名物です。
        あまり有り難くない名物ですが・・。
        だいたい、昔の人はそういうことも考えて、北側を背にして家を建てたものです。
        でも、戦後の爆発的な人口増加にともない、住宅は風の強い丘陵の上へ。
        とは言え、完全南向きの西三田団地は、建物そのものが風避けになってますから、ベランダは暖かいし、3部屋には燦々と日が差し込み、幸せを感じます。
        先日思ったんですが、この名物のからっ風を利用して、切り干し大根でもつくろうかと・・・。
        よく乾くと思いますよ。

        話しは変わって、昨日は向ヶ丘遊園駅近くで中学3年のクラス会の忘年会。
        で、二次会は隣駅の生田でやっている同中学の29期同窓会の忘年会の二次会(!?)に合流。
        二次会なのに40人くらいはいたでしょうか?
        Kくん(ビスコ)に「きみが西三田団地に越してきたキドコロくん?」と尋ねられ・・。
        噂は早いです。
        昔の西三田団地の話しに花が咲いてしまいました。
        2街区にお住まいのNさんに続き、今回は5街区にお住まいのTさんに出会えました。
        小学校も一緒だったのに、初めてお話ししました。
        何しろ子供が多い時代でしたからね。
        元住人だった友人も含めて、LOVE 西三田団地がリンクしていきます。
        嬉しいなあ拍手

        同窓会の忘年会って毎年しているんですかね?
        知らなかった。
        次回が楽しみです。