西三田団地に暮らす-4

2009.07.12 Sunday

0
    西三田団地のリンベーションの注意点を思いつくままに挙げて見ましょう。
    素人なので専門用語が間違っていたらごめんなさい。

    [配電盤の新設と再配線、コンセント増設]
    団地ができた当時と現在では、生活環境が劇的に変化しているので、電気使用量の増加にともない、電源ケーブルの再配線とコンセントの増設、それに配電盤の新設が必要です。

    一家にテレビ2台はあたりまえ。
    それにBDレコーダー、ステレオ。AV関係だけでも多いのに、さらにパソコンにプリンター、スキャナ、外付けDVDR、外付けHDD、ハブ、ルーター、さらには光終端装置と続きます。
    とても1部屋にコンセント1箇所だけでは無理があります。最低2箇所ほしいところです。これを各部屋に分配しなくてはいけませんから配電盤の新設は必要不可欠です。
    リノベーションにより、我が家はうまい具合に分配され、30Aでもブレーカーが今のところ上がることは無いです。
    しかし、現在の新築マンションでは50Aが当たり前なので、将来の需要アップにも備えて容量アップしてほしいところです。
    現在、西三田団地2街区では50Aに上げる話しが出ており、検討されております。
    東京電力の話しですと、棟にきている幹線の容量は30A(一部15A)が限界でこれ以上あげられないそうです。
    増量するためには幹線改修(電力線の太径化)工事が必要なのだそうです。
    躯体が築40年を経過していることを考えれば、ケーブル劣化も考慮し、幹線改修を検討しなくてはいけない段階にきているのかなと思います。
    もし実現すると、建物はビンテージでも設備は最新のお宅が誕生しそうです。
    私たちが思い描く北欧アパルトマンにまた一歩近づけそうです。
    屋上にソーラーパネルを設置して、エコ団地もいいかな?
    地球環境にやさしい住宅です。

    breaker.jpg

    我が家はダイニングキッチンに冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、パソコンと一番の電源渋滞区域になってしまいました。
    そのため、入居後、自分で他の部屋から電源を引っ張ってきました。

    trafic.jpg

    [リビングドア新設]
    西三田団地は丘陵の上に建ってますので、冬は北風対策が必要です。
    玄関ドアが団地特有の鉄扉で、築40年となると隙間ができて、おまけに新聞受けから風が入ってくる始末。
    5Fの方は冬は新聞受けの蓋がパタパタ鳴りっぱなしみたいです。
    玄関ドアの隙間は、住友3MのV字型隙間テープを貼ればOK。隙間風が入らなくなります。

    3M01.jpg

    3M02.jpg

    それでも玄関ホールとリビングの間にドアがあれば、さらに保温効果はあがり快適になります。
    我が家は素敵なリビングドアをつけていただきました。
    おかげで冬は快適。
    夏も快適。

    froment.jpg

    fromliving.jpg

    [ガスコンロ付近の窓]
    他のお宅を見てみますと普通にカーテンを付けていらっしゃいますが、引火が怖いので、我が家は上下ロール式にしました。


    [換気扇]
    昭和41年。換気扇はついていなかったそうです。
    小さな四角い穴があるだけ。
    大型扇を付けたいところですが、規則で穴を大きくすることができないので、レンジフードファンを取り付けるのがベストです。
    何故我が家のレンジフードファンと壁の間に遊びがあるのか。
    それは換気穴が下にあるので、排気パイプが曲がるために必要なスペースだそうです。

    fan.jpg

    [LAN配線]
    O社のリノベーションではLANケーブルまでは考えてなかったので、入居後自分で床の下を這わせました。
    棟によってはNTT Bフレッツマンションタイプが来ていますし、今やインターネットが当たり前のご時世ですからLAN配線の配慮がほしかったですね。
    Bフレッツマンションタイプなので、速度的には無線LANで十分ではありますが、故障した時のことも考えて、有線LANの各部屋への配線は是非ほしいところです。
    入居後、洋室を潰して和室を造作したので、その時に床下にLANケーブルを這わしました。
    それ以外の場所は、壁紙と同色のモールやスパイラルを使って目立たないように処理しました。
    でも、ケーブルをわざと見せる上級テクニックもあるみたいですよ。


    [テレビアンテナ]
    O社のリノベーションでは各部屋に配線されてました。
    だた、ダイニングキッチンは、据付を予定していた場所と反対だったので、南側にあったテレビアンテナ、電源、LANケーブルと一緒にスパイラルに包んで窓側に配線しました。

    sp01.jpg

    sp02.jpg

    [洗濯機]
    昭和41年の設計では、洗濯機置き場を考えてなかったようです。
    リノベーションでは洗濯機置き場と専用蛇口の新設が必要です。

    [トイレ]
    ウォシュレット用に電源ソケットの新設をお忘れなく。

    その他、玄関やバス&トイレには手すりをつけました。
    お年寄りの訪問時だけではなく、私たちも重宝してます。
    また、入居後、それでも電源ソケットが足りないので、隣の部屋から使用していない電源ソケットを壁を通して持ってきてしまいました。

    その後・・・
    その後、棟の大規模修繕工事で玄関ドアが最新のものに交換され、冬は快適になりました。
    記事はこちら
    西三田団地に暮らす-5

    リノベーションを施した部屋の住み心地は?
    アフター編
    西三田団地に暮らす-6

    今年になって、サッシを全てトステムの二重ガラスデュオPGに交換しました。
    西三田団地に暮らす-7

    西三田団地に暮らす-8 (二重ガラスサッシその後)

    西三田団地に暮らす-9 (収納棚製作編)

    tostemPG20100721.jpg

    西三田団地に暮らす-3

    2009.07.12 Sunday

    0
      完成です(^_^)

      O社によって、スケルトン状態からリノベーションが施された部屋です。
      リノベーション込みの物件購入なので詳細はわかりませんが、約500万のリノベーションかと思われます。
      まさか自分たちが思い描いていた通りになるとは奇跡です。
      とりあえず希望通り建具は白木風のもの、床も天然木風だったので、ベースは一応北欧風。後は入居後自分たちの手でアレンジです。
      入居2ヵ月後に洋室1部屋を和室に改造しました。こちらは、ガスコンロ、ガスオーブン、手すりの新設、トイレの改造もあわせ近所のエネスタ(東京ガス)さんにお願いしました。

      2008nov12.jpg

      2008nov11.jpg

      2008nov10.jpg

      2008nov09.jpg

      2008nov08.jpg

      2008nov07.jpg


      2008nov06.jpg

      2008nov05.jpg

      2008nov04.jpg

      2008nov02.jpg

      2008nov01.jpg

      コンペイトウがたいへん!

      2009.07.09 Thursday

      0
        金平糖がたいへん!
        去年の8月京都に行ってきました。それもお盆の一番暑い時期に・・・。
        盆地の暑さは聞いてましたが、もう、ドライヤーの熱風の中にいるみたいでした。
        でも、キンキンに冷えた"くずきり"はおいしかったです。
        旅の締めくくりと言えばおみやげ。
        かわいいミニ重箱に金平糖がたくんさん色取りどりに入っているのを見て
        思わずデンマークの家族にあげたい!と思い送りました。
        しかし待てども返信はなく・・
        しばらくしてメールで送られてきたのがこの写真。

        september_2008_01s.jpg

        思わず「まぁー金平糖が大変なことに!!」と叫んでしまいました。
        甘〜いケーキの上に散りばめられている金平糖。
        これを食べたら太りそう〜と思ってしまいました。日本人ですね。
        日本人はこんな発想しないですよね。
        そこがデンマーク人!。
        金平糖を散りばめているのはEmilie(Danish Sisterの子供)です。
        去年会ったけどとてもかわいい女の子でした。
        実はこれ、キッチン台の上に乗っているんですよ。日本だと怒っちゃいますよね。

        september_2008_02s.jpg

        ここのキッチン、とても素敵でした。
        写真をたっくさん撮ってきたので次回はDanishキッチンの紹介をしたいと思います。お楽しみに!!