公園の木陰でコーヒーを

2010.08.05 Thursday

0
    今年、ヘルシンキへ行ったときの話しです。
    朝、街のカフェでは出勤前のひと時をくつろぐ人々を多く見ました。
    また、アパートメントのテラスでも椅子に座ってコーヒーを飲んでる人がいました。
    そういった光景は、日本でも珍しくありませんが、どこか違います。
    流れている"時間"が違うのでしょうか?

    以前、出勤時にお腹が痛くなって、代々木上原で"緊急下車"した時のことです。
    毎日決まった時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ時刻に会社に到着してという流れが、代々木上原でプツリと切れた時、ふと思いました。
    何を急いでいるんだろう? 始業時間までたっぷりあるんだから(私の場合1時間30分前に出社)、ここでゆっくりコーヒーを飲んでいくのもありかも。
    そう思ったら、何か新しいことを発見したみたいで、楽しくなってしまいました。
    どうも日本人というのは、決まったパターンにはまってないと安心できないみたいで、悲しい性です。
    どうせ、先の見えない激動の時代です。
    生活の中に句読点を打ってみるのもいいかもしれません。
    欧米人のDNA には、それがあるのかもしれませんね。

    morning20100805.jpg

    毎朝、通勤途中の公園で、おじいいちゃんがラジオを聴きながら新聞を読んでます。
    先輩、"粋(いき)"です。

    休みの日には、私も公園の木陰で、コーヒーでも飲みながら新聞でも読みましょ。
    緑豊かで、公園もいっぱいある西三田団地は深呼吸もできます。

    地元のおいしい桃

    2010.08.04 Wednesday

    0
      たみこです。
      今日も朝からセミの大合唱です。
      我が家の洗濯物と樹とを間違えたのでしょうか?セミがとまってます。
      居心地がよさそうなので、しばらくはこのままにしておきましょう。

      semi2.jpg

      今日は先日”初ドライブ”で買ってきた稲城の桃のお味のご紹介です。
      あの多摩川水蜜桃です。

      農家の直売所ではこんな風にして売られています↓

      momo2.jpg

      momo.jpg

      せっかくなのでプロのおじさんに選んでもらいました。
      小さな虫が桃の周りをウロチョロしています。
      これは甘い証拠ですね。
      (スーパーではありえませんよね!)
      おいしい桃をさらにおいしくいただくために、少しの時間ですが冷蔵庫へ。
      そして食後にいただきました。
      今年の初桃です。

      皮もすっーとむけて、果肉汁が・・・
      さてと!一緒にいただこうと思い振り向くと、既にいただいている人が・・。
      もちろん主人です。
      でも見てください!このおいしそうな桃を。
      やはり○かじりが一番ですね。

      marugoto.jpg

      momo20100804_01.jpg

      こちらは姉と実家へのお土産ですdown

      omiyage2.jpg

      omiyage.jpg

      昔ながらの包装で、いい感じです。
      包装紙に”水蜜”と書いてありますね。
      ”水蜜”=”桃”って知っていましたか?
      主人は、昔おばあちゃんによく「水蜜たべるかぁ」って聞かれたそうです。
      =「桃食べるかぁ?」ってことらしいです。
      世代が違う(!?)私には初耳。

      これからは梨、ぶどうetc・・・と地元の果物がおいしい時期を迎えます。
      食べる機会いがどんどん増えます・・・
      そして主人の体重もどんどん増えます・・・冷や汗

      夜の新宿へドライブ

      2010.08.03 Tuesday

      0
        今朝のことです。
        10:00頃妻から電話がかかってきました。
        「あっ、私、私!(カッチ、カッチ、カッチ・・・)」
        「どうしたの? なんか慌てているみたいだけど」
        「今、新宿なんだけど来れる?(カッチ、カッチ、カッチ・・・)」
        「(パドン?)・・・仕事中だから無理だよ」
        当たり前です。
        どうも車の中から電話しているみたいで、電話口からハザードランプの音が聞こえてきます。
        はて? 何しに車で新宿へ?
        お買い物?
        いえ、そんなことはありません。
        新宿へは電車のほうがアクセスがいいので、わざわざ車で行くということは、我が家ではあり得ません。
        「で、何してんの、そんな所で?」
        「あのね、山梨へ行こうとしたら、新宿へきちゃたの!」
        ああ、そういうことね。
        反対方向へ来てしまったというわけですか。
        でも、次の調布とか高井戸で降りればいいのに、何故に新宿まで。

        「あなた、稲城大橋から中央道へ入れると言ったわよね!?」
        「ああ、そうね」
        「行けないから新宿へ来ちゃったのよ!」
        そんなばかな。
        分岐を見過ごしただけです。
        どうせ。
        たしかに山梨方面から帰ってくると、稲城大橋では出られないので、次の調布ICで降りてます。
        でも、山梨方面には行けますよ。
        だって、[中央道方面]って看板出てますもの。

        「今、右に都庁、左に中央公園が見える所にいるんだけど、どうすればいいの?」
        「どこかでUターンしてきて、同じ道を反対に行けば国道20号線に出るから、そこを右折ね」
        私は初台から首都高に入る手順と、そこで入れなかった場合に永福の入り口を教えました。
        「初台は入り口が右側だから、ずっと中央寄りをキープだよ」と言っていたのに、片側3車線の真ん中を走行。
        気づいたときには車線変更できずに、そのまま通過。
        永福も環7を跨いでしまったために行き過ぎ。
        あれほど言ったのに・・・。

        さすがの私も語調が強くなってしまいました。
        そしたら、電話がプチっと切れてしまいました。

        それから40分くらいして、また妻から電話が。
        「とにかく今日は疲れたから帰るわ」
        そのほうが無難です。
        どうせいつものように急に思い立って、夏の八ヶ岳でおいしいランチを食べようと思ったんでしょう。

        その晩の話題は、やはり稲城大橋の件。
        食後、じゃ、確認しにいきますか? ということに。
        分岐点を確認したら、新宿方面へ行って、食後のコーヒーを飲んで帰ってくるのもいいかもしれません。
        夏の夜ですもの。

        結果は、私の負けでした。
        新宿方面しか行けませんでした。
        じゃ、[中央道方面]とは?
        中央道(均一区間)上り、高井戸までのことでした。
        てっきり、八王子から先の中央道だとばかり・・・。
        惨敗です。

        というわけで、新宿までコーヒーを飲みに。
        当然、私のおごりです。
        何故か、いつもより苦く感じるコーヒーでした。

        shijyuku20100803.jpg

        明けて8/4(水)。
        妻が朝から両足の疲労を訴えてます。
        目も腫れてます。
        (電話の向こうで、時々鼻をすする音がしてましたが、あれはベソをかいていたのでしょうか?)
        初めての車で、それも中央道調布ICから先、首都高新宿まで大渋滞の中の運転。
        そりゃ疲れますよ。
        今回の件で、だいぶ謙虚になったみたいです。