公社賃貸住宅でも北欧スタイル(!?)

2009.09.11 Friday

0
    最近、東京都住宅供給公社(JKK)が賃貸物件を北欧スタイルに改装して話題です。
    こちら→北欧スタイル
    北欧雑貨 スカンジナビアンスタイル
    この部屋には、どんな北欧雑貨がおかれ、北欧食器が使われるのでしょうか?
    コーディネーターはイルムスのチーフインテリアコーディネーターとして、数々のプロジェクトを手掛けた千葉聖美さんです。
    古い団地を北欧風にリフォームしたいと思っている方は一見の価値がありそうです。

    同じく、昭和レトロ風のヴィンテージスタイルも、かなり気になります。
    こちら→ヴィンテージスタイル
    北欧食器 スカンジナビアンスタイル

    北欧デンマークのリビングと屋根裏部屋

    2009.09.10 Thursday

    0
      ここはリビングです。このソファもスタンドライトも20年前と変わりません。
      デンマークでは時間が経つのが遅いのでしょうか?
      驚きです。
      このライトも北欧デザインを感じますね。またさりげなくテーブルの上のキャンドルも北欧ならではの習慣ですよね。
      後ろの壁にある大きな絵画。これもなつかしい〜です。
      うん?フト、椅子に目をやると・・・今日の主役はキャッスル君のようです。
      北欧雑貨 デンマークリビング北欧食器 デンマークリビング北欧雑貨 デンマークリビング
      これはリビングにあるストーブです。私の行った10月でも寒い朝がありストーブに火を入れていました。そうそう、ストーブ担当はもちろんOleです。
      寒い朝、ありがとう。
      お!これは?
      ストーブの横に置かれているこの絵を見逃さないでくださいね!
      この絵は若きし頃のOleのようです!
      誰が描いたのか、聞き忘れました。すみません(苦笑)
      北欧食器 デンマークリビング北欧雑貨 デンマークリビング
      ストーブのまき入れ部分の写真です。炭をかきだしたりするこのシャベル。
      持ち手部分がしっかりとしていますよね。
      かなり厚いブルキ製かしら?
      たかがシャベル。されどシャベル。
      本物を感じました。
      北欧雑貨 デンマークリビング
      灰を入れているこのおけ?バケツ?でもこの厚み。本物ですよね。
      北欧食器 デンマークリビング
      ちょっと裏を覗いてもました。さてこれは何でしょう?
      これはOleお手製もものなんですよ。
      ヒントはストーブ。 
      これは庭に積んである薪を運ぶキャリアなんですって。
      これなら太くて重い薪も一度に沢山運べますね。
      うん?これ我が家のマグライナーことマグちゃんに似てませんか?
      やはり車輪が大きくてしっかりしていますね。これはデンマーク製でしょうか?
      北欧雑貨 デンマークリビング
      ここはリビングの奥にある20畳程ある部屋です。
      20年前、ここでローラースケートして遊んだ記憶がありますが、今では
      Hanneが好きな絵を書いたりとちょっとした作業部屋となっているようです。
      裏庭に面しているのでお天気のよい日には自然の光が沢山差し込みます。
      奥にあるベットでは時々Emilieちゃんがお昼寝。とてもかわいい寝顔でした
      (シャッターの音で起きてしまうと・・・と思い写真は断念しました)
      北欧食器 デンマークリビング
      これは家の電話です。20年前は確かダイヤルでした。
      日本でいう昔の黒電話です。
      でもやはりデザインの国ですね。とてもスタイリッシュに思います。
      どこのメーカーかしら?
      そうそう、ファックスがないんですよね。
      通信のやり取りは電話かメールなんでしょうか?
      北欧雑貨 デンマークリビング
      このかごは雑誌入れのようです。
      これデンマーク製なのかな?と思い聞いてみたところ、スウェーデン製とのことでした。
      でも野原のような絵とかご全体に塗られている水色が北欧の空をイメージしていますね。
      これを持って外ランチに行きたくなる、誘惑のかごですね。
      北欧雑貨 デンマークリビング
      この廊下は屋根裏部屋に続きます。
      北欧食器 デンマークリビング
      今回初めて屋根裏部屋に侵入・・。
      日本では「屋根裏」、というとなんとなく「物置」というイメージですよね。狭くて、屋根が半分斜めになっていて・・。でも北欧では「屋根裏部屋」が普通なんですよね。ここは結婚するまで長男・サガの部屋だったのでこの部屋を覗くのも初めてなんですよ。(ちょっと、ドキドキそして20年経った今、夢が実現した!という感じです・・ちょっとオーバーかしら)
      これが入口です。何でこのマークなのか今だに不明?
      興味津々!
      北欧食器 デンマークリビング北欧食器 デンマークリビング
      さ〜てなかへに入って見ると・・・
      これが思った以上に広い部屋でした。
      畳10枚分位あるでしょうか
      天井との高さも結構ありました(実は私、屋根裏ということで天井が低いのかと思っていたんです。腰を曲げる程に)
       これがベット。なんかかわいいですよね。男の子のベット、という感じがしないですね。
      これだけの広さなので寝ぞう悪い私でもOK!またこの高さなので落ちることなく毎晩ぐっすりと眠ることができました。
      枕もとのお花はHanneが私の為に用意してくれたもの。こういうちょっとした気持ちがうれしいですよね。
      北欧食器 デンマークリビング
      このテーブル、デンマークを感じさせますね。
      デンマークといえば「デンマーク刺繍」が有名です。
      テーブルなんですけど、上に物を置くのがもったいない気がします。
      北欧食器 デンマークリビング
      この椅子、座りごごちがよかったです。
      これだったら読書も進みますよね。ヘッドライトがよかったです。
      北欧食器 デンマークリビング
      窓辺にはお花やお人形が並べられています。
      デンマークのお家では窓辺に何かが飾られていることが多いです。キャンドルだったりお花だったり。
      北欧食器 デンマークリビング 
      この中にお馬さんがいますよね。
      ダーラヘストというんですよ。
      これはスウェーデンのシンボル ダーラへスト。林業が盛んだったダーラナ地方で生まれた木工芸品です。
      残念はがら今回の旅ではそこまで行けなかったので、次回は是非足を伸ばして工房を見学したいと思います。
      北欧食器 デンマークリビング






      地元、生田産の梅で!

      2009.08.29 Saturday

      0
        このごろ秋めいてきたので、話題が季節外れにならないうちに。
        今年も漬けました!
        私は毎年6月になると梅を買ってきて梅干や梅酒を作ります!
        今年は例年とちょっと違うんですよ。
        地元の農家のおじさんが作っているまぎれもない神奈川県生田産の梅を使いました。
        買ってきて袋から出すとファ〜と梅の香りがして、会社から帰ってきた主人は「ただいま〜」ではなく、いきなり「梅のかおりだな〜」とさすが鼻が利くねずみ年です。
        梅干用の甕と重石を引っ張り出してきて2キロの梅を漬け、取り合えずは一安心。
        後は梅酢が上がり、赤しそを買って漬け、土用干しするだけ。
        ところが、今年は突然のゲリラ豪雨など天候が不順で干すタイミングがつかめず、土用干しより遅れての梅干し干しとなりました。
        これが干している時の写真です。
        北欧食器
        北欧食器
        この網は、実は鯵などお魚を干すための網なんですよ(笑)
        でもちょうどいいでしょう?
        ちょうどいい具合にほんのり赤くなり、梅もふっくらとしています。
        (干しているとつばが出て、大変でした)
        温か〜いご飯にもうたまらないですよね。しそはミキサーにかけて、”ゆかり”にしようと思います。
        同時に漬けた梅酒も楽しみです!