あー、夏休み-箱根研修旅行その2

2009.08.18 Tuesday

0
    山の朝は早く、いやおうなしに朝日が射し込んできます。でも窓を開けると山の冷気が部屋に入ってきて、気持ちのいい箱根の朝です。

    7:30に朝食です。朝からご飯2杯。しっかり食べます。
    で、また朝から卓球を1時間しっかりやります。
    研修旅行というより、体育会系夏合宿になってきました。気分は延泊して1日中卓球してもOKという感じ。
    でも体力が続きません。やめておきましょ。

    本日のテーマ "山野草を見に行こう! おう!"
    箱根湿生花園へ行こうかと思います。
    花よりその前に煎餅を買いにいきましょ。
    昨日休みだった宮ノ下の"川辺光榮堂"へ寄ります。
    箱根名物、滋養佳品"鉱泉煎餅"を買います。
    ここはおばあちゃんが手間隙かけて1枚、1枚手作業で焼きます。
    材料は、白玉粉、バター、卵、それに宮ノ下の湧水ですから、間違いなくおいしいです。
    出来上がったは煎餅は缶に入れられ、外側には手作業でお店の名前が印刷された紙が貼られます。それが、時には曲がっていたりして、いい雰囲気出してます。
    昭和レトロなお土産です。
    午前中に買いにいかないと売り切れ必至です。予約は出来ません。
    kousen01.jpg
    kousen02.jpg

    11:00前に箱根湿生花園に到着です。

    SERENA.jpg

    途中、箱根ガラスの森美術館がありましたが素通りです。
    どうも二人とも美術と名のつく所には縁が無いようです。

    仙石原の台ケ岳です。
    あとひと月もしないうちに一面黄金色のススキの穂で荘厳されるのでしょうか。

    dai.jpg

    木陰に入ると、吹いてくる風の涼しいこと。
    東京から車で1時間とちょっとで、この環境に身を置けるところが、また箱根の魅力なんでしょうね。
    赤トンボも見られ、立秋をすぎると山はもう秋の気配です。

    tombo.jpg

    サギソウです。
    ラン科植物で、湿地に自生する植物です。
    見てのとおり、サギ(鳥)の様な形の花を咲かせます。

    sagi.jpg

    売店のソフトクリームがおいしそうだったのですが、ランチタイムも近かったので、後ろ髪引かれる思いで、売店を後にします。

    ランチは箱根彫刻の森にほど近いRoi(ロア)に寄ります。
    ここは地元足柄牛がいただける数少ないレストランだそうです。
    ちょっとお値段もはります。
    私たちは、地元神奈川の高座豚のソテーをいただきます。
    サラダの次はグリーンピースの冷製スープ。
    「過ぎて行く夏のように甘く切なく、でも、どこか濃厚な後悔を感じつつ口の中でとけていく。
    う〜む、これはおとなのスープだね」
    よくわかりませんが、店長の感想です。

    roi01.jpg

    そして次がメインディッシュのポークソテーです。
    あれ!?
    写真が!!
    ごめんなさい。写真撮るの忘れてしまいました。

    最後はスイーツとコーヒーでしめます。

    roi02.jpg

    roi05.jpg

    ここでもやはり、水がおいしかった。

    roi04.jpg道路が混まないうちに帰路につきます。
    おっと!忘れるところでした。かまぼこの鈴廣で"しそで巻いたねりもの"をお土産に買っていきましょ。
    今夜はこれで冷酒です。

    suzuhiro.jpg

    おっと!!
    これも忘れていけません。
    田代商店の"名産 わさび漬"。田代幸子おばちゃん、通称さっちゃん手作りのわさび漬けです。

    tashiro.jpg

    年に一回しか寄らないのに「いつもありがとう!」と言ってくれます。
    でもそう言われて嫌な気はしません。
    これ商売のキホンです。
    さっちゃんありがとう。
    さっちゃんの店を後にしたら、適当に小田原厚木道路に乗ってそのまま東名高速に乗れば1時間後には自宅です。
    見れば、助手席の姫は、すでにあちら世界へ旅立っていらっしゃいます。おいしいもの食べて満たされて、運転手付の車でご自宅までご回送です。世界一セレブな姫です。

    車は来た時と同じ、まったりとした海岸線を走ってます。
    そろそろ小田原厚木道路にでも入ろうかと左折し、二ノ宮ICに向うはずがどんどん道が狭くなっていきます。
    どうも間違えてしまったようです。Uターンしようかと・・・。
    と、その時です。
    "ぶどう販売"ののぼり旗が湘南の風にひらひらと。
    「お〜、ぶどうか〜」と私の独り言。
    小さな声で言ったつもりですが、地獄耳の姫、どんな些細なことも聞き逃しません。
    「車止めて!」と姫。
    農家の庭先に入っていきました。
    暫くするといつもの笑顔で手招きです。
    これ"悪魔の手招き"と呼んでます。
    何か獲物を見つけたというサインです。

    nouka.jpg

    軒下では家族総出で、ぶどうの仕分けと発送作業してます。

    nouka02.jpg

    azuki.jpg

    紅伊豆です。

    beniizu.jpg

    紫玉です。

    shigyoku.jpg

    おなじみデラウェアです。
    でもスーパーで売っているぽろぽろ落ちるものとちがいますよ。
    もぎたてです。
    dera.jpg

    budou.jpg


    より大きな地図で 箱根2009夏-2 を表示


    たくさん食べて、温泉入って、卓球やって、稔り多き箱根研修旅行でした。
    夏休み第3日目の明日は、体育会系、いえ同好会系夏休みかな?
    ふ〜っ。どうなることやら。
    (つづく・・・)

    地元、生田の梅干です

    2009.08.16 Sunday

    0
      これは魚の干物をつくるネットなんです。
      ハエがつかないように出し入れ口はファスナーになってます。
      つり具の上州屋で売っているすぐれもの雑貨です(笑)
      umeboshi01.jpg

      umeboshi02.jpg

      吉野本葛のくず餅

      2009.08.16 Sunday

      0
        みなさま、残暑お見舞い申し上げます。
        店長のたみこです。
        毎日蒸し暑い日が続きますね。こちら生田では、毎日セミの大合唱です。
        ここにはまだ自然がたくさん残っていて、セミのとまる木がたくさんありますからね〜。時々すごく近くできこえるな〜と思うと我が家のベランダにとまっていたりして・・木ではないのに(笑)
        こういう暑い日には、やはり冷たい喉越しのいいデザートが食べたくなりますよね。
        今回、くず餅を作りました。それも本葛100%で。これは当店のお客様からいただいたものなんですよ。
        お客様のご実家が奈良県ということで、当店の商品をご覧になって、お買い求めにいらしたときにわざわざ持って来てくださったのです。
        今ならやはり冷たいデザートと思いくず餅を。
        作り方はいたってシンプル。でもこれが結構むずかしかったりして(笑)
        食べたらもう最高でした。今までのくず餅は何?というくらいに。喉ごしがすごくよくて、雑な味がしないというか・・まぎれもなく本葛100%!というそんな食感でした。またとても弾力があってプルプルでした。
        透明感もあって。主人はきな粉と黒蜜をたっぷりと、私はどちらかというと素材の味を十分に楽しみたい方なんで適度なきな粉と黒蜜をかけてあっさりと。
        当分の間、くせになりそうです。
        おいしいものをありがとうございました。そしてご馳走様でした。

        kuzu01.jpg

        kuzu02.jpg