2008秋のデンマーク

2009.07.18 Saturday

0
    デンマークのスイーツを紹介しましたが、今日はデンマークの外の事を紹介しますね。
    この写真は去年の秋、プライベートでHanne&Oleのお家にお邪魔した時のもの。写真を撮った日は早朝で雨が降っていたので、ちょっと霧がかっていてとても静かでした。
    普段気がつかない事もこうやってのんびりとお散歩することによって目にする事ってありますよね。そんな新しい発見有りの朝でした。
    これはすぐ近くの農家?のお宅のようです。入り込んでよいか迷ったのですが、塀も境界線なかったので入ってしまいました。
    中庭にはかわいいウサギとのんび〜り草を食む牛がいました。のどかです。

    DSC03939.jpg

    DSC03940s.jpg

    この木はりんごの木のです。真っ赤なりんごがなっていますね。
    そうそうこの真っ赤なりんごを見て、真冬のデンマークの子供たちのほっぺたを思い出しました。

    DSC03938.jpg

    どこまでも続く畑、畑。雨のせいでしょうか?緑がよりいっそう濃く感じます。
    私は写真というより絵画を見ているように感じましたね。
    そうそう、はてしなく続く緑の奥に風車があるの見えますか?さりげなくデンマークを物語ってますよね。

    DSC03943.jpg

    DSC03945.jpg

    早朝の高原を走り去るトラック!かっこいい。こんな田舎に何を運びに来たんでしょう?この赤と白はデンマークカラーにコーディネート??。手を振ったら若いお兄さんが挨拶をしてくれ感激しました。

    DSC03944.jpg

    どこまでも果てしなく続く道。映画のワンシーンにでてきそうな写真ですね。
    正面に見える小さいな赤い屋根のお家。童話に出てきそうな雰囲気です。

    DSC03947.jpg

    こちらのお家はすぐお隣さん。横に長いのが一つの特徴のようです。それだけ敷地があるということですよね。それにこの屋根を見てください!!日本の茅ぶき屋根みたい。屋根には煙突があり、屋根裏部屋の窓がちょこっとついていて。それに壁の色の黄色がかわいいですね。どんな家族が住んでいるのかしら?

    DSC04135.jpg

    DSC04138.jpg

    ちょっとお邪魔して裏を覗いてみました。大きいアルミのミルクポットが大胆にも花瓶になっていました。買ってきたお花をそのまま活けたという感じですが、気取っていないところがいいですね。
    実は私もこれと同じようなミルクポットをデンマークのとある雑貨屋さんで買って持っているんです。大きさはもっと小さいですが。私もお花を活けてみようと思います。

    DSC04137.jpg

    ここは池?沼?あひるでもいたら『みにくいあひるの子』の舞台にでもなりそうな場所ですね。でも街中にこういうところがあること自体がすごいですよね。

    DSC04136.jpg

    さてここからはHanne&Oleの裏庭に行ってみたいと思います。
    ここを「スクールゾーン」と彼らは呼んでいました。ブランコがあったり、バスケットゴールがあったり。20年前はお天気の良い日は家族みんなでここで朝食を食べたりしました。日光浴しながらね。
    20年前の写真も機会がありましたら是非とも皆さんにご紹介したいなぁ〜と思っていますので。
    今回は帰国する直前にパチリ、パチリと撮った写真をご紹介しますね。
    まずはここは表玄関。手前にある大きなカゴのようなものは実はゴミ箱なんです。キッチンなどで出たゴミをここに持ってきて捨ています。そして知らないうちにゴミ屋さん?が収集に来ているようです。日本のゴミ箱と違って汚れさを感じないですね。もちろんカラスがやってきてちらかすこともありません!

    DSC04131.jpg

    それと玄関前には愛車がいつも置かれています。
    シートの横にあるヒータースイッチを入れるとシートが温かくなるんです。私は初めてだったのですごーく感激しました。寒い国だからこその工夫がなされていますね。

    DSC04132.jpg

    これはホーローのケトルのようですね。蓋をとって花瓶に。なんとなくコクムスのケトルの様にも見えますが。でも大胆な使い方ですよね。

    DSC04134.jpg

    これはずっーと使っていないアルミのお鍋とやかんみたい?。みたいではなくそのものでした!きっと私だったら「こんな所に置いといて!片付けなさい!」と怒っていたと思います。そこがデンマーク人なんでしょうか?そのまんま・・・でも何か絵になっていますよね。そして改めてよーく見るとやかんの持ち手の厚さやちょっとへこんでいるとこ、ずんどう鍋と片手鍋とのコラボレーションがいい味だしてますね。これもディスプレイのお手本の一つにさせていただきます。

    手前にある素焼きの鉢もいいですね。ほったらかしているというより「自然にお水を浴びなさい」と言われて置かれているように思います。手前の淡いピンク色のお花は「あじさい」かしら?10月なんだけど・・・

    DSC04152.jpg

    雑然と隅に置かれている大きなミルクポットと焦げたお鍋?それにかごに入っている植木鉢。ただ使わないから置かれているようだけど、でもどこかの雑貨屋さんのコーナーに置かれている「かわいい雑貨の集合」みたいですね。実用性はなくてもこうやって置くことによって私たちの目を楽しませてくれるなんて・・・。「物」って一つだけではなくいろんな役割があるんですよね。

    DSC04153.jpg

    さりげなく壁にかかっているアルミポット。小さいのが3つ。かわいいですね。
    こうやってさりげなく飾ってあると逆に目を引きますね。

    DSC04147.jpg

    見ての通り、これはきっとホースかけ? ホースが丸まらないように工夫されたものでしょう。水やりする時にこれは便利!実家に欲しいなぁ〜と正直思いました。
    また、アルミというところが重厚感ときれいな曲線が好きになったポイントでしょうか。

    DSC04148.jpg

    さてここで質問です。これ何だかわかりますか?
    ヒントがいっぱいついているので、すぐにわかってしまいますね・・・。
    そう!正解です!洗濯物干しです。日本では物干し竿が主流ですが、デンマークではこれが一般的のようです。(アパルトマンは違うと思いますが)最初は何か変!と思いましたが、見慣れてくると結構いいかも。洗濯が苦手な人も楽しくできそうですね。不思議ですよね。嫌いな事も出会った道具一つで好きになっちゃうんですから。

    DSC04149.jpg

    これが最初にお話したブランコです。今は誰も乗っていませんが、昔はKrisserたちも乗って遊びました。

    西三田団地の我が家からは毎日ブランコに乗って楽しんでいる子供たちの声が聞こえてくるんですよ。誰もいない時は、昔を思い出して私も乗ってみます。
    ふと再び写真に目を戻すと、隣にある一輪車とリヤカー?もいい味出してますね。きっと腐葉土を運んだり大活躍しているんでしょうね。

    DSC04150.jpg


     

    北欧デンマークのスイーツたち

    2009.07.17 Friday

    0
      さ〜て、甘~いお話をご紹介します。
      「北欧」といえばやはりスイーツですよね。このおいしいお菓子によって、私は20年前デンマーク滞在中に10?近くも太ってしましました。
      甘~い誘惑には勝てませんでした。

      今回は、昨年10月、デンマークへ買い付けの下見に行った時のことを中心にお話ししていきましょう。
      コペンハーゲン郊外の海辺に建つ「ルイジアナ近代美術館」ここは館内の作品はもちろんのこと、中庭も素敵でまたカフェも併設されておりそこからお茶を飲みながら眺める景色も最高!
      ヤコブセンのカラフルなセブンスチェアなどいたる所に「北欧デザイン」満載です。
      私はこのカフェで「ホットココア」を注文。あま〜いココア味の上にたっぷりの生クリーム。なんともいえない甘さとおいしさでした!
      グラスもちょっとごっつい感じがするけれどでも主役はたっぷりの生クリーム?

      3913.jpg

      シェイクスピアの「ハムレット」の舞台となったヘルシンオア。この町にはHanne&Oleおすすめのアイスクリーム屋さんがあります。ここがそのお店。20年経っても変わっていませんでした。

      3914.jpg

      3915.jpg

      これは私が注文した「バニラアイスクリーム」。さすがに「ホットココア」の後にはきつかった。しかし!カフェでケーキを食べたHanne&Oleはそれでもダブルのアイスクリームにナッツをかけて食べていました。やはり、デンマーク人です!!(見とれてて写真を忘れました・・残念、あしからず)

      これはKrabbe家の裏庭にあるりんごで作ったスイーツです。りんごの中央をくり抜いてお砂糖やハチミツを入れて、電子レンジで暖めその上からシナモンにレーズンなどをかけてコーヒーと一緒に。

      3767.jpg

      そうそう北欧デンマークの人気スーパーマーケット「Irma(イヤマ)」をご存知ですか?「Irma(イヤマ)ちゃん」の愛称で親しまれている女の子がロゴマーク。そのコーヒーをお土産として購入。そのコーヒーを飲む度にデンマークスイーツを思い出します!!

      4067.jpg

      4068.jpg

      Hanneの手作りケーキです。ごめんなさい!どんなケーキだったのか記憶が・・・。
      でも上にナッツを沢山かけて、生クリームを添えていただく。おいしかったことだけは確かです。形や見栄えは決してよくないけれど、彼女の温かい気持ちが伝わってくる、そんなケーキ。
      デンマーク人はよく食後にコーヒーをいただきます。そして一緒にテレビをみて笑ったり・・・家族とのコミュニケーションを大切にするんですよね。

      4087.jpg

      4088.jpg
      これからご紹介する写真は町で出会ったスイーツ&Breadです。
      これはパン屋さんケーキ?なぜかデンマークの国旗が・・。

      4002.jpg

      4003.jpg

      しかしここのパン屋さんは人気店のようでいつも満席。
      これはある日の朝食メニューです。

      4022.jpg

      コーヒーカップがなんともいえない、デザイン。我が家のキッチンにも似合いそうです。
      焼きたてのパンにカプチーノ。流れる音楽。ちょっとした北欧カフェ・タイムをあわせていただきました。

      生クリームたっぷりの重さのあるケーキ。

      4029.jpg

      4030.jpg

      こちらはお祝いのケーキかしら。どれもユニークなケーキですよね。
      やはりデンマーク職人さん!!

      4031.jpg

      4032.jpg

      4033.jpg

      こちらはホテルの近くにある有名なパン屋さん。ほとんどのデンマーク人はテイクアウト。
      食べながら、飲みながら会社に行くのもデンマーク流?
      これは店内の写真です。1個の大きさが大きいです!見てください!マフィンの大きさを。

      3997.jpg

      ディスプレイも素敵ですよね。パンも北欧食器のように陳列されていて。
      私が一番「えっ」と思ったのはこの電球。まるで日本のはだか電球のようで、デンマークにも日本の電球スタイルが似合う!と思うと思わず心の中で「ニンマリ」してしまいました。

      3994.jpg


      3996.jpg

      ここでの朝食です。ここに来たら「デニッシュ」を食べようと決めていました。
      想像以上においしかった。クロワッサンの生地もサクサクでバターの香りが食欲をそそります。
      飲み物はデンマークミルクたっぷりのカフェ・ラテ。このカップはテイクアウト用紙カップだけれどもしっかりしていて色づかいもカフェイメージで素敵でしたね。

      3993.jpg

      去年ちょっと足を延ばしで「オーデンセ」という島へ日帰り旅行。ご存知の方も多いと思いますが、この町は「マッチ売りの少女」「みにくいあひるの子」で知られるハンス・クリスチャン・アンデルセン生誕の地。ここでは久しぶりにアンデルセン博物館など古い町並みやアンデルセンゆかりの場所などをお散歩しました
      町並みのご紹介は次回のお楽しみといことで・・・
      お散歩の途中、駅に程近いところでチョコレート工場を発見。規模からいうと工場というか厨房と訂正した方がイメージがわくかもしれませんね。一歩足を踏み入れるとそこには甘〜いチョコレートの香りとフルーツの香り。
      そしてかわいい店員さんの笑顔。寒くてこわばっていた顔もいつの間にかに笑顔にしてくれるそんなお店でした。
      そんなお店で買われるのを待っているケーキさん達です。見た目はシンプルですが、味は濃厚!っていう感じがしますね。でもデンマークっ子達はこれを“ペロリッ”といただいてしますのでしょうね。

      3826.jpg

      3828.jpg

      3829.jpg

      3830.jpg

      3831.jpg

      3832.jpg

      3833.jpg

      デパート出会ったスイーツ。誰かに食べてもらうのを待っているかのようにお行儀よく並んでいますね。
      バレンタインデーの時にこの場にいたら「今年は何を送ろうかしら?」と頭を悩ませることない!と思った瞬間でもありました。

      4074.jpg

      4075.jpg

      4076.jpg

      たくさんのスイーツさんたちに出会いました。(これはほんの一部ですが)
      さすがに全部を食べることはできなかったのですが、不思議と見ているだけでも幸せな気持ちにしてくれるそんな魔法でもかかった様なスイーツばかりでした。でもこれはスイーツだけではなく、北欧の人々を始め、言葉、景色、雑貨、時間、空間全てに共通していることだと思います。これからも読んでくださる皆様が甘〜く、幸せになれるそんな北欧雑記をつずりたいと思います。
      次回もお楽しみに!

      デンマークKrisser家のキッチン雑貨たち

      2009.07.16 Thursday

      0
        さて、今日はKrisserのお家のキッチンにさりげなくある「北欧雑貨」を紹介しますね。
        Krisserは「まだ引っ越したばかりでなにも・・・」と言っていましたが、さりげなく置いてあるこのコーヒー缶、きれいなお花やかわいい動物達の絵がとてもチャーミング。シンプルなキッチンにひときわ映えますね。蓋を開けたらデンマークコーヒーのいい香りが。

        3967.jpg

        デンマーク人は紅茶も大好き。このティーポット、特に有名なものではないんだけれど、「色とこのぽっちゃり感が気に入った」とか。たっぷり入りそうですね。

        3961.jpg

        キッチンの棚の上には必ず何かが置いてあります。ピッチャーだったりかわいい缶だったり。置いてあるものはお家によっていろいろ。それはキッチンのアクセントなのか、それともおいしいクッキーの秘密のありかなのか?今度思い切って聞いてみようと思います。

        3970.jpg

        Hanne&Oleのお家には今にもコペンハーゲンの蚤の市に出されそうな古いけど味のある缶の中においしいクッキーが。Hanneと二人で思わずパクリ、食べちゃいました。

        北欧雑貨の代表的なキッチンツールの中に「木」で作られているものがあります。
        ほとんどのお家に何かしらあるものです。私、Krisserのお家でも見つけちゃいました。

        ちょっとわかりずらいけど、バターナイフにヘラ、そしてペッパー&ソルト。

        どれもお料理を作るのにかかせないアイテムです。

        3966.jpg

        3つお揃いでかわいいスパイスポットにキッチンツール立て。手ごろな大きさとぽっぺたをふくらませたようなこのデザインがお気に入りだとか。この後、あるキッチン雑貨屋さんに行ったところ同じものがありました。でもそれはアンティークのものでお値段もそこそこ・・・でした。

        3965.jpg

        電気!といえばやはりこれしかありませんよね。この写真を見ているだけでも「北欧デザイン・北欧雑貨」を感じますよね。シンプルなデザインだけどスイッチを入れるとなんと、
        その明るさにびっくりしました!!デザインだけではなく機能性にも優れていました。

        03971.jpg

        キッチンではないんだけど、このストーブ見てください!!さすが北欧ですね。寒い冬には薪を入れてお部屋を暖めるそうです。もちろんガスヒーターもあります。

        3975.jpg

        次回は、Hanne&Ole家の雑貨を紹介しますね。
        こちらは年季が入ってます。